上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.
ジージョとわぉの兄弟たちをよろしくおねがいします

 神田明神に行ってきた。2年前家の老猫の快方を祈る為に通ってから
勝手に私の猫の守り神となってもらっている。
事あるごとに行っているので 何となくまた足を運んでみた。
                090228_134443.jpg












気持ちよく晴れていて、結婚式が行われていた。巫女さんがあたふた走り回っている。
結婚式に大わらわなのかと思ったら違っていた。
花嫁花婿、巫女さんや神職が列をなして神殿まで歩いただろう赤い絨毯の上を、白いものがちょろちょろしてる。

「猫?」

そう、白い猫が楽しそうに走りまわっていたのだ。
巫女さんが慌てて猫を捕まえようとするけど捕まらない
見てて微笑ましかった。

その後、赤いじゅうたんの上で、その猫は寝そべって寛ぎだした。
               090228_132450.jpg









真っ白でしかもイエローとブルーの奇跡のダイヤモンドの瞳の持ち主だった。
                  090228_132507.jpg

こんなところに こんな猫がいる。 
こういう不思議な縁に、人間は魅力を感じる。

え?皆さん この出来事、不思議とは思えないでしたかね?











駅に向かう途中 湯島聖堂に寄った 屋根から猫が見守っていた。
             090228_135140.jpg

猫だと思ったら鬼龍子(きりゅうし)だそうです。
狛犬のようにも見えますが、一見すると猫のように見えます。
鬼龍子は想像上の霊獣で孔子のような聖人の徳に感じて現われるそうです。



       





                  
















 
::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.
ジージョとわぉの兄弟たちをよろしくおねがいします

  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://tora19.blog24.fc2.com/tb.php/187-3bd4dc1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。