上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.
ジージョとわぉの兄弟たちをよろしくおねがいします

はなまる君
     DSC03828_20130313095719.jpg











トト君
       RIMG4537.jpg
はなまる君 トト君の里親様が新しい出会いをしました。
しかしその子(ぐりちゃん)は足を引きずっています。
もしかして切断?
その子のため 沢山沢山悩み考える日々
そして小さな奇跡が起きました。


日記1
ぐりちゃんは我が家の近所によく現れる野良猫でした
初めて会ったときから何事と思うくらい人懐こくて、
みゃーみゃー言いながら甘えてくる子でした

うちの近所にマンションが立つことになり、
古い木造家屋がいくつか壊された頃から現れたから、捨て猫なのかもしれません

そのぐりちゃんがしばらく現れなくなり、3週間ほど前に見かけたとき、
これまで何ともなかった右後ろ足を引きずるようになっていました

今となっては交通事故が原因かなと考えていますが、
人懐こい子だから人間に何かされた可能性もある、と思ったので、
私たちはぐりちゃんを保護して治療して、里親を探そうと動き出しました。

が、昼夜探してもなかなか現れず、やっと捕獲できたのは2週間後でした。

それからすぐに病院に連れて行ったところ、
足は骨折しており、高額な手術で温存か、切断かを迫られました。
折れてから時間が経過していたので、ギブスとかでは治らない状態でした。

予想以上にひどい状態であることを突きつけられて、
まず私たちの中から里子に出すという考えが消えました。

そこから昨日の夜まで、どういう治療を施すかずっと考えていましたが、
足の切断という選択をしました

温存手術は本当に高額で、かつ術後も何度も通院しなければならないので、
正直人への負担がとても大きいものです
元どおりになる可能性はたかいけど、猫の痛みは長引きます

対して切断は人の負担は減りますが、
猫は三本脚でも問題なく生きられる動物とはいえ、
かけがえのない足を失うのはやはりショックです

ただ、この子はひとりっ子ではなく我が家の三男坊になります
はなまるやトトに何かあったとき、
ぐりちゃんへの対応と差があってはいけない、
兄弟みんなに等しい愛情と対応をという気持ちがとても大きくて、
そのためには、今は無理をせずできることを…と考えての結論でした

とはいえこれは人間の都合なので、
これからのぐりちゃんの一生は絶対最後まで責任を持つぞ、と心に決めています

うちにきたその日から、私たちを信頼して甘えてくれるこの子を精一杯支えようと思っています

明日、入院して検査を受けて、来週頭には手術です

びびりんぼうのはなまるトトがやっと慣れそうというタイミングで
手術というのは心苦しいですが、
痛みを取り除くにははやい方がいいので、
退院したらまた仲良くしてあげてね、というところです

この件は本当に悩んだし、綺麗事ばかりではダメだなと改めて思ったけれど、
我が家の三男坊は兄ちゃんたちとは性格が違いすぎて
毎日笑いっぱなしなので、きっとまた騒がしい楽しい日々になるんだろうな

犬が猫の着ぐるみを着たような性格なので、
きっとお客様に対しても愛想良く甘えたりすると思います…上2人と違って(笑)







日記2
ぐりちゃんは手術のため、本日午前に入院しました。
うちに帰りたいのか、ずっと鳴いている姿が寂しいけど嬉しかったです

昨日、ぐりちゃんは足を切断する手術のために入院と書きましたが、ちょっと状況が変わりました

今日は入院前にレントゲンを撮って、
改めて患部を確認したうえで切断手術の内容について説明を受けて……という流れの予定でしたが、
担当の先生から、思いも寄らないお話がありました

野良猫を保護して、里子に出すのではなく
自分たちで飼うことを決めて、これも何かの縁です
費用は切断手術と同じ費用でいいから、足を温存する方向で骨折治療をさせてくれませんか?

病院側も院長含め、検討を重ねてくださったうえでの提案でした
びっくりしたのとありがたいのでもう泣きそうだったけど、
ただしレントゲン結果が悪ければ切断しかない、
折れてから時間も経過してるので…ということだったのでとりあえず撮影と結果をまちました

ぐりちゃんは伸びをするときに、
折れた方の足も伸ばそうとしていて、
人間からみると痛そうだからやめてほしいと思っていましたが、
それが良かったのか、足を元に戻そうと、新しい骨を構築しはじめていました

それを見た先生が、この状態で切断するのはやはり忍びないと仰ってくださったので、
二つ返事で骨折治療をお任せすることにしました

ふたりとも半泣きでごめんね、と謝っていた昨日とちがい、
青天の霹靂というか、本当に一切予想していなかった展開だったので、
病院を出てしばらくするまでは喜ぶこともできなかったくらいです

数日病院で様子を見て、それから骨をワイヤーと針で固定する手術が行われます

落ち着いたら退院できますが、
針がしばらく体外にも出る状態になるから安静にしなければだし、
定期的な通院も必要なのでまだまだ先は長いのですが、
ちゃんと治してはなトトと一緒に走りまわる日をイメージして治療にはげみます。
ほっとしすぎて、帰宅後私たちは全力で昼寝をしたのでした。




頑張れ!ぐりちゃん
里親様 はなまる君 トト君
みんなが
君の楽しく走り回る日を心から待ち望んでいるからね。
久しぶりの良いお話に私まで元気をもらいました。














そんな中
実はこちらも家族が増えました。
初孫の誕生でございます。
難産の末の誕生だったので嬉しさ倍増でございます。
       105.jpg
    



















こちらは素敵な家族を待っている茶太郎君
絶賛家族募集中でございます。
とぼけたお顔が可愛らしい
vcm_s_kf_repr_640x480_20130304233152.jpg
お問い合わせお待ちしております。




















うう…苦しい
その大きな手をどかして
       056.jpg















茶太郎君に似た六に被害をもたらす(笑)
ひとはも
        050.jpg
まだまだ諦めず絶賛里親募集でございます。










いつも少しさびしい仕事の帰り道も
可愛い孫が生まれたせいかなぜかルンルン♪

…でもその仕事の帰り道




道路に猫が… 
ああ これ以上車に上を通られては忍びない。
なんだかまだ魂?が残ってあるような気がして
悩んだ末 
ビニール袋に入れて道の隅に寄せました。
やはりまだ温かかった…。
目の前が老人ホームだったので
夜勤の方に事情をお話しして箱に入れお願いしてきました。

出会う命 新しい命 消えていく命
当たり前のこの世の出来事。




















ああ…気持ちいい♪
      030.jpg
















母さん そこそこ♪
      026.jpg
毛玉をかき分け
かきかきしてあげると気持ちよさそう。
でも ジージョ毛玉どないしよか…。

::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.
ジージョとわぉの兄弟たちをよろしくおねがいします

  
コメント
お久しぶりです♪
ぐりちゃん…良かったですね~
里親さんもほんとに良かった…
涙でちゃうくらい、いいお話し。

そして…
初孫ちゃんのお誕生おめでとうございます。
かわいいでしょ♪
うちの孫(りっくん&がっくん)も
3歳半と1歳になりましたよ~

今年の花ペル会では、猫談義と孫談義ができそうですね♪
ちびたま母│URL│03/14 16:31│編集

初孫ちゃん、良いお顔していますね~♪
ジージョさん似かしら?
(*^_^*)
私のお友達、待ち受け画面がお孫さんに
なっています♪
可愛いですね~♪

ぐりちゃん、良い方向に行きますね。
良かったですね。。
花丸くん始め優しいご夫婦に貰われ
良かったですね

茶太郎君の事、いつもありがとうございますm(__)m
リリーママ│URL│03/14 23:27│編集

ちびたま母さん
ありがとうございます。
はい ぐりちゃん優しい里親様の目に留まり
ラッキーな子ですね。
そんな優しい里親様のところにいるはなまる君
トト君もラッキーな子達ですね。本当にありがたいです。
初孫可愛いですね~(笑)
りっくんもう3歳半なのですか!早いですね。
私も初孫のこれからが楽しみです。
│URL│03/16 14:47│編集

リリーママさん
ありがとうございます。
目は小さいのですが鼻口元は
しっかりしてるんですよ(笑)

はいぐりちゃんは幸運でした。
折れたままの足を引きずって
さまよっていたらと覆うとぞっとしました。
幸せになってもらいたいです。
茶太郎君も幸運な子です。
きっと良いご縁があります。頑張りましょう!
│URL│03/16 14:53│編集

皆様

はなトトの里親です。ご無沙汰しています。

ジージョ母さん、お孫さんのご誕生おめでとうございます!!
お忙しい時期に色々とご相談してしまいすみませんでした。

ぐりちゃん、明日にも退院の予定でしたが、骨の状態は良好なのに
傷口が化膿してしまったようで、退院が少し先になってしまいました。
ただ、たくさんの方に応援していただいたおかげで
本人はすこぶる元気で、術後の点滴もすぐに切り上げたくらいなので、
またすぐに良いご報告ができるかと思います。

気にかけていただいて本当にありがとうございます!!
あっこ│URL│03/19 20:54│編集

あっこさん
ありがとうございます。
そしてご苦労様です。
ぐりちゃん 退院が延び少し落ち着かないとはおもいますが
今は先生に慎重に対処いただきましょうね。
退院後もいろいろケアなど大変でしょうが
若いご家族なのでみんなで乗り越えてくれるでしょうね。
元気に遊ぶ3ショットお待ちしておりますね。
孫ってめちゃくちゃ可愛いものですね(笑)
│URL│03/21 08:40│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://tora19.blog24.fc2.com/tb.php/627-69b7970c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。