上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.
ジージョとわぉの兄弟たちをよろしくおねがいします


それは5年前のちょうど今頃
雨の時期の事でした。
息子と彼女は雨が降る夜に子猫の鳴き声に気づき
小さな小さな黒猫を手の中におさめたのでした。
小さい小さい女の子
名前はルナと名付けた黒猫は
まだミルクや排せつの世話もありました。
彼女がお母さんとなり時間がある限り
せっせと面倒を見に我が家に通ってくれました。

でも別れは突然に静かにやってきてしまいました。
彼女は
今でも小さな小さなルナのお骨を
大事にしてくれています。
   ルナ






そして5年後
また雨の降るこの時期の夜
小さな黒猫が突然息子と彼女の前に現れたのでした。
黒猫で今度は男の子
もう少しは子育ての心配がいらなくなる4か月ほどの子でした。
人はとかく何かの縁とか
何かの生まれ変わり
と考えがちですね。
でも私は素直に感じました。
ルナが今また彼女と息子の元に舞い戻ったのだと。

今度は男の子だけど
             IMG_4957.jpg
お蔭様で少し風邪を引いているようですが
健康上問題はないようです。

そして
ルナと出会った時は
息子の彼女さんでしたが
今では我が家のお嫁さんになりました。
時は過ぎたのですね。

私も時々ルナを思い出し
そして無事育ててあげることができなかったことを悔やみます。
でも 
これで少し報われたような
すみません 調子いい捉え方ですが
これでまた少し前に進める気がします。

小さな命が時として
人に勇気や幸せを運んできてくれます。

今度こそ 
しっかり
二人と1匹
いえ 三人で不思議なご縁を噛み締めながら
生きて行ってもらいたい
そう願っています。
色々不思議が起こる梅雨時です。















       れいん
    CIMG0989.jpg
怖がりサンかと思いきや
案外大丈夫です。
怪獣の時期の
孫のそばにもいられるし












            CIMG1075.jpg
抱っこも大好きで
私の跡を追いかけてくる
甘えん坊さん。












あともう少し
風邪が完璧に治れば
時にはこんなイケメンに撮れる。
       CIMG0932.jpg












        CIMG1024.jpg

















こんな風に写るときは
うん!風邪のせいと思うようにしてる(笑)
        CIMG1019.jpg
微妙だ~(笑)










         CIMG0850.jpg










なんだかな…笑

         CIMG0849.jpg


::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.
ジージョとわぉの兄弟たちをよろしくおねがいします

  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://tora19.blog24.fc2.com/tb.php/664-47ebe92e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。