上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.
ジージョとわぉの兄弟たちをよろしくおねがいします

なんと…
ぱふぇを脱走させてしまいまして…。
でも お蔭様で一週間後無事我が家に帰りました。

経緯
夜仕事から帰り 風邪気味でぼ~っとしていて(言い訳ですね)
玄関を閉めようとしたら
するっとぱふぇが玄関からでてしまったのです。
それはもうスローモーションのようで…。
慌てたら驚かせてしまうので
玄関の外ゆっくり座り込み ぱふぇこっちよ こっちよ と
優しく呼びかけましたが なぜか私の足元をくぐり抜け。
急いで後を追いましたが それっきり姿が見えず
鳴き声も聞こえず。
もうショックで。
でもぱふぇもきっともっと怖い思いをしているはず。
脱走させてしまった方には私よく言うんです。
きっと声は聞こえているはず きっと迎えにきてくれるのを待っている。
絶対にそばにいるから諦めないで。
だめですね…本当私情けない…。
もしかして もう近くにいない… 私の声も聞いてないかも…
6日間昼夜問わず 歩き 情報を求め 歩き回りましたが
一度も姿を見ることが出来ず途方にくれました。
おまけに風邪がひどくなり
一切声が出ず ぱふぇと呼ぶことも出来ず。


その間 警察 保健所 愛護センターに連絡 
ポスターを貼り マンション 一軒家にポスティング 
コンビニ 新聞屋さんにもポスターを貼ってもらい 
佐川急便さん ガス 水道 電気 メーターを見て回る方 
犬の散歩をしている方色々な方にこんな子見ませんでしたか?と声をかけさせていただきました。
友達のお家の玄関にもポスター貼らせてもらいました。
幸い この辺りには餌やりさんも何人かいらしたので
心強い味方になってくれました。

そして6日目の夜 餌やりさんから
いるよ!と吉報が。
なんと我が家から300メートルも離れていないマンションの下で
餌やりさんからもらった餌を食べていました。
そのあたりはもう何回も探しましたが…。
実は前日も
いるよ!と教えてもらい 急いで見に行ったのですが
確認した子がぱふぇそっくりな子でしたので
もしかしてまたその子かなと半信半疑でしたが
ぱふぇ?と呼んであげた顔は 八割れ半分のぱふぇでした。
もう嬉しくて嬉しくて!ああよかった無事だったんだね!
でも 怯えていて近づくと逃げてしまいます。
ここは怖いところだと思うと移動してしまう恐れあり
ここはぐっと我慢して ここにくればまた餌をもらえるとわかってくれたら
明日もきっと現れてくれる。
そう願いたっぷりの餌を置いて
明日の夜を待つことにしました。
当日18時頃 昨日いた場所に餌を少しだけ置いて 
数分後様子を見に行ったらすぐ餌はなくなっていました。
ぱふぇだ!きっとどこかで見ている!
でもまだ外は騒がしいので20時を待って 捕獲器を用意し
マンションの下に行きました。
ビニールをがさがさやっていると すぐぱふぇがひょっこり現れました。
でも 風が強く がたがた色んな音がするたび びくびくして身を隠してしまいます。
でも少しずつ私を思い出してくれて甘えて撫でさせました。
もしかしたらこのまま抱っこで連れて帰れるかもしれない 
そう思い抱っこしてみましたが
やはりパニックになり 暴れしまうので抱っこは諦めました。
祈る思いで捕獲器をかけました。
待つこと5分 ガシャっと幸せな音が…
ぱふぇお帰り!ぱふぇお帰り!
私の不注意 思い上がりが招いた地獄のような日々はやっと終わりました…。

マンション敷地内に捕獲器を置く許可をくれた管理人さん ありがとうございました。
餌やりさん方々 気をかけてくださり ありがとうございました。
小さな可愛い声で ぱふぇちゃん見ました!と電話をくれたおちびさん ありがとうございました。
CIMG3523.jpg
ポスター一枚も悪戯されることもなく 
たぶん一度剥がれてしまったのをまた貼りなおしていただいた誰かさん ありがとうございました。
沢山の沢山の方々本当にありがとうございました!

家族へ
ぱふぇが行方不明の時 お彼岸で出かけなくてはいけなくて…
その道中でもぱふぇの話題にはふれずにいてくれて何だかありがたかった
でも 別れた時 ぱふぇに似てる子いるよ!と急いで戻って教えてくれてありがとう。

里親様には脱走一番気を付けてくださいなんて
ご注意願っている私が預かりっ子を脱走させてしまうなんて
本当に情けなく 思いあがっておりました。

ぱふぇ 怖い思いさせてしまってごめんなさい。
戻ってからは 私のそばを離れませんでした。
怪我もなく さほど痩せていませんでした。
餌やりさんが もしかして残りを食べるかもと多めに餌を置いてくれたおかげかもしれません。
お外の猫さん達もありがとう。
本当に運が良かったでした。
脱走で帰宅が困難なのはじゅうぶんわかっていたはずの私が
こんなことをしてしまうなんて。
ただただ皆さんにはこんな辛い思いしてほしくないです。
::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.
ジージョとわぉの兄弟たちをよろしくおねがいします

  
コメント

よかったです。
本当に良かった♪
戸建てに住んでいた時は、帰宅時にドアを開けるとき、足で軽く蹴りながら猫が出てしまわないように入ったことを思い出しました。
どんなに注意をしていてもすり抜けてしまうことがありますよね。
外に出た猫は他人のようになってしまうし、、、
人々の動きが少なくなった時間を待って探したことを思い出しました。  風邪で体調が弱っている時、本当に弱り目に祟り目でしたね。 今年の風邪は喉にきますね。私も弱っています。
早くよくなるとよいですね。
お大事に♪
タンタン│URL│04/02 06:13│編集

タンタンさん
ありがとうございます。
ご心配おかけしました。
そうなんですよね、いくら家ではリラックスしていても
外に出てしまうと他人いえ他猫になってしまう…。
わかってはいたのですが…油断は本当に禁物ですね。
なるべくこの辛い体験を細かく掲載することで
里親様方には参考していただき
なお一層の脱走防止をお願いしたいそう思います。
風邪もやっと声が出てきまして咳は残りますが
治りつつあります。神様が私に二重のお仕置きをしたんだと思います~。
ジージョ母│URL│04/02 14:06│編集

んまぁ~、久々に覗いたら
ビックリです。
うちは何度か脱走させてしまいましたが
呼ぶと戻ってきますが、
普通は難しいんですよね…。
もちろん今は脱走しないよう
厳重にはしてますが。
ぱふぇちゃん、戻って来て
良かった(;▽;)
こんなこと言ってはいけないんですが
「ぱふぇちゃんはジージョママさんを
凄く信頼してる。だから、あの子は
ジージョママさんの子になった方が
幸せなんじゃないか」と、前に
うちの人が言ってました。
私もそんな気がして…。
何はともあれ、良かったです。
れおママ│URL│04/03 21:55│編集

れおママさんありがとうございます。
ご心配おかけしました。
脱走中このまま帰ってこなかったら 
れおままさんにぱふぇをお願いすれば
こんなことにならなかったのかもとかふと色々考えてしまいました…。
私はお預かりするどんな子にも
まず人間を信頼してくれるよう願いながらお世話しています。
そうすれば本当の家族とご縁があったら
きっと幸せに暮らしていけると思うからです。
だからそのたびお別れは辛いですが
一匹でも多くお家を見つけてあげたいので
ぱふぇのような良い子は
家族の元に送り出してあげたいと思っています。
私の気持ちは我慢我慢の日々です(笑)。
ぱふぇがきっと自分のお家を決めるでしょうね。
焦らずなるようになれと願っています。
これからも応援よろしくお願いいたします。
ジージョ母│URL│04/04 19:05│編集

1月にショコラが脱走した際は大変お世話になりました。
どうぞ、ご自身を責めないで下さい。
あの時ジージョママ様の言葉がどんなに心強かったことか・・・!!
おかげさまで、ショコラ、ふくふく元気にしております^^
久々にブログ更新しましたので、お時間あるときにでも御覧ください。
ショコラ飼い主│URL│04/13 20:45│編集

ショコラ飼い主様ありがとうございます。
ショコラ君が出てしまった時は
さぞご心配されたと思います。
でも すぐ知らせていただき
冷静に素早い対処ありがとうございました!
色々ご指導させていただいた私は
恥ずかしながらショコラパパ様ママ様のように
とても冷静な判断はできませんでした~。
慌てると余計に怖がってしまうのに
かなり慌てたと思います。
冷静に帰ってきてくれたショコラ君も本当に偉かったですね。
ブログも拝見させていただきました。
相変わらず綺麗なショコラ君 
いつまでも穏やかにお過ごしください。


ジージョ母│URL│04/14 17:42│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://tora19.blog24.fc2.com/tb.php/687-f5fcd221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。